Ange gardien 1話

3年にわたって描いていたルコンテも終わっちゃいましたが
ルコンテ描いてる時にある曲を聞いてSFチックな漫画を描きてぇなぁ…とか思ったのが発端で
まぁー人体はおろか機械も戦闘アクションもろくすっぽ描けないくせにねー
頭の中の物語が抑えられなくて…w

と言うわけで始めちゃいました。
タイトルは悩み悩んで

ange gardien アンジュ ガルディヤン
訳すと守護天使ですね。
本当は「虹の彼方に」をタイトルにしたかったんですが
独語だと固いイメージに、フランス語だとあるアーティスト名になっちゃうので
断念しました。
ドイツ語が厳格で真面目、フランス語は美しく流れるっていうのはわたしの勝手なイメージですけどねw

と言うわけで、
読んで頂ければ幸いです。
続きを開く か そのままスクローロールでよろしくお願いします☆










折り畳み側の編集が出てなくて超焦りました…
簡易モードがオンになってたようで…
かってにモードが変わったりするもんなの?

集合イラストにしようと思ったんですが時間も気力も体力もなかった…
オリラジのナントカヒューマンをネタにしたトレンディーエンジェルの真似して
「無かった、無かった、無かった!」とか踊ってる暇はあるのになんでだろうね…

anje gardien01
あるフュギュアでポーズだけトレスしました(^^ゞ

またナルルどころかネバ要素皆無かいとか思われそうですが
もうSFの時点で皆無だよな…と…
SF要素もあるのか謎ですが…
とりあえず自由でやっていこうと思います。

Ange gardien 1話

tempest

和訳は嵐です。嵐と言っても激情とか心理的に心の中を荒れ狂う嵐と言う意味で使われることが多いです。

この間知人の車で流れてた曲がふと気になって歌詞検索したら曲目がテンペストだったのでw
どこにインスピレーションを感じる曲に巡り合えるか分らないものですねw

アンジュ ガルディヤン 01-01

アンジュ ガルディヤン 01-02

アンジュ ガルディヤン 01-03

アンジュ ガルディヤン 01-04
リアン君の幼少期って前髪がムア君と同じなのでムア君と間違われないように描くのがむずかしかったw
御本家のリアン君は大きくなってから前髪を暖簾とディスって髪型を換えていますw
アンジュ ガルディヤン 01-05

アンジュ ガルディヤン 01-06

アンジュ ガルディヤン 01-07

アンジュ ガルディヤン 01-08
漢字間違えたッ
アンジュ ガルディヤン 01-09

アンジュ ガルディヤン 01-10
リアン君、そういや眼鏡も本家ではアリアちゃんと結婚してからかけるようになったんだっけ
外見的な理由で。
こっちでは最初からつけてますが外してると、某大河ドラマの誰其みたいにメガネかけてないとその人だってわかんないよな、眼鏡が本体みたいな感じや…ってなるんですわ。
アンジュ ガルディヤン 01-11

アンジュ ガルディヤン 01-12

アンジュ ガルディヤン 01-13

アンジュ ガルディヤン 01-14

アンジュ ガルディヤン 01-15
↑注)魔獣の影です。

いやぁwwwSF要素どこでしょうねwww
通信機器とかシェルターとかくらいしかかろうじて出してるようなそうでないような…
そして主人公が一話で戦う能力を身に着けない、あるまじき展開?
プリ〇ュアなら1話で変身して「どういうこっちゃー」とか言いながら(方言ではいってません。)サクッと倒しちゃうもんなぁ…
いや、でも、あるのかな最初から戦うことになるということがないSFとか変身モノとか
うん、あるわ。無問題。

とりあえず人物紹介。
アンジュ ガルディヤン 人物-用語-キーワード 01

落書き気分で描いた、設定資料的なものw
アンジュ ガルディヤン 設定資料 01-01

アンジュ ガルディヤン 設定資料 01-02

アンジュ ガルディヤン 設定資料 01-03

お粗末さまでしたがここまで読んでくださってありがとうございます☆
次回もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新連載、待ってました~(*´ω`*)

続けて、おこんばんはです~(*´ω`*)
ををを!新作の登場ですね!!

以前、此方の方に来られた際に見せて下さった設定が、このお話となったの
でしょうか?
SFチックな物語!今後の展開が楽しみですね^^

アンジュ ガルディヤン!今回のタイトルも素敵ですね♪
略し方は「アンヤン」?それとも、「アンガル」??
ドイツ語とフランス語の言葉の響き、確かにそんな感じがしますw
それぞれの国の人の性格もそんな感じですものねw

久々にブログの更新すると簡易モードがONになってる事が有りますね。
私もそれで何度かビックリした事有りますw

今回の扉絵は戦乙女の様な感じのカッコ良さがあるイラストで良いですね(*^^*)

幼女マルレさん、可愛いです(*´ω`*)
自分の事を「まーたん」って言うところが可愛い過ぎます♪
読んであげた本がアンハッピーだった為にアリアさんに怒られてしまった
リアンの表情が何だか曇ってますね(^^;
だけど、その後にマルレさんの面倒を見てくれた事で感謝などの言葉を
貰った後は満面の笑みを浮かべ、ストレートに「好き」という言葉を言う
子供リアンが何だか微笑ましいです(*^^*)
この時の「好き」という感情は恋愛感情とはまた違う感情なのでしょうかね^^

幼き頃の同じ髪型の殿下とリアン、描き違いは出来てるから大丈夫ですよ^^
眉や目で分かりました(*´ω`*)b

カオリママ、アリアさんの良き理解者なんですね^^
アリアさんの過去に一体、何があったのか?
アリアさんの語るあの人という謎の存在。
マルレさんが此処にやってきた理由と、託した謎の女性。
そして、何でマルレさんを引き取ったのかも色々と気になります。

好きな人の悲しい過去の話を聞いて切なさそうな表情をするリアンが可愛い(*´ω`*)

リアンなりに僕も貴女の理解者だと言うアピールが子供らしさ溢れ、ママンは
そんな我が子がアリアさんの邪魔をしてるのでは?と心配してるところが
笑えましたw
マルレさんの寝顔を見る度、何時も気持ち良さそうに寝てますねw

一気に13年後にジャンプ!
マルレさんは修道女なんですね。
アリアさんではなくヘルミーネさんがマルレさんの後見人になってるんですね。
マルレさんはそのゲートから来たという事で迫害を受けてるんですね…。
リアンがティルグ入りするのはアリアさんの事、そして、マルレさんの事もあるからなのですね。
この13年の間に何があったのか?そして、一体、アリアさんに何があったのか気になります。

そんなシリアスなシーンなのに、リアンの着てるティルグ員服の胸にある絵や文字に目が行ってしまいましたw
ノームス、一体、何を言ってるんだろうw

眼鏡が本体に噴きましたw
確かに眼鏡掛けている方がリアンというイメージ強いですものねw

樹がシェルターになってるんですね!
マルレさんを助けてくれた青年は誰でしょうか?(分かってはいますけどw)
そして、魔獣に襲われそうになってますが、この危機をどう切り抜けてゆくのやら(^^;

人物紹介と設定イラスト、有難う御座います♪
こういう設定を作るのって楽しいですよね^^
細々描かれてる小ネタに笑っちゃいましたw
次回以降、何時もの皆様も登場するのか楽しみです。
マルレさんやヘルミーネさんが着てる修道女服が可愛い(*´ω`*)

リアンは子供の頃は美少年だったのに、青年時にはあんな風に弾けた感じにw
こんなにも違うとは13年の間に一体、彼に何があったんでしょうかw
17歳のアリアさん、4歳のマルレさんが双方ともラブリー(*^^*)

更新、お疲れ様でした♪
次回も楽しみにしています(∩´∀`)∩♪

エルミオン様☆

こんにちは☆

そうです、伺ったときにイメージみたいな物を見て頂きましたが
それをやっと形にできました☆

近未来的でどこかファンタジーなかんじですねw
略すと…アンガルがいいのかな??
フランスにはベルばらとかの優雅な世界、
ドイツはお堅い軍人のイメージがあるからでしょうかね^_^;

簡易モードって知らない間にONになるんですね…
設定が初期化されないだけよいのですがちょっと心臓に悪いですw
扉絵、カッコいいありがとうございます☆
リアン君も戦士として戦いますよ~

ようじょマルレは「はーちゃん(よちよち期)」を参考にしました☆
マルレが読んでほしいと差し出したのになぜか怒られて理不尽な思いをしましたが
リアン君にとってアリアさんは憧れのお姉さん。
この時点では好きと言う気持ちも親愛の「好き」です。

ムア君はツリ目、リアン君はクリッとした目と意識しましたが
書き分け出来てたら幸いですw

アリアさんの過去に何があったのか…
御本家のアリアさんは存じなくて捏造してしまう形になりますが
親しい人を喪してます。
マルレを引き取ったのもただ託されたから…だけではないです(^^

リアン君の心情はあの歌が似合そう?
「アリアさんのポプラの枝になりたいとか」「アリアさんを泣かせた正体を知ってる」
「君が笑ってくれるなら僕はピエロにでもなる」ってちょっと違う歌詞が入りましたがw
リアン君は利発な子ですし、ママンにとっても出来のいいこだと思いますw
謙虚な気持ちも混じってますが、だけど少し暴走しがちな所もあるから心配はしてるみたいですねw

マルレの寝顔はマヌケな感じで描いてますwww

うっかりポンでこの物語の世界観を描き忘れましたがw
どこかとどこかがつながってるゲートが所構わず出現し、そこから魔物が出て人々を襲ってます。
襲われた人は死にはしませんが、命だけの存在となってしまうので(3話くらいで説明する予定)
ある意味死に近い感じなんですよね…
マルレは港を通じず森にいきなり現れた存在で
その災厄を与える魔物が行き来するゲートを通ってきたらしい、という理由から魔物の眷属なのではと
周りから疎外されてます。
恐れられ、虐げられるので身を隠して街に出たりしてます(;O;)

リアン君はこの事態を収束させて、マルレが人畜無害であること、アリアさんを助ける事
絆を取り戻したくて入隊します。
アリアさんの身に起きた事は徐々に判明していきます…
リアン君の着てる服のノームスは生きてますねw
リアン君の感情にやや連動してる部分もありますがだんだん暴走してます。
胴体も生えてきます。
マルレの場面は暗いことが多いので描くの楽しいですw

私の中で眼鏡はリアン君のアイデンティティというか、メガネが本体みたいになっちゃってますね(^^ゞ
少ないながら知能を持った魔物もいるのでカモフラージュとして模擬の樹…模樹も設置されてますw

マルレを助けた青年は言わずもがなですが2話で判明しますw
二人とも動けなくてピンチですが
ヒーローは遅れてやってくるそうなのでw

設定を描いてると楽しいですねw
今度会う時にお見せできればいいんですがw
小ネタは見てもらう気満々で描きましたw
モズクちゃん始めポロリさんちのキャラも出ます☆

修道女服が可愛いありがとうございます☆

利発で思慮深いリアン君、僕が君のピエロになるからーいつだって君だけは変わらないで側にいて~とか思ってるうちにああなってしまったんでしょうね(失礼)
17歳アリアさん、本当にあの頃はわかかtt(何かに殴られました

次回も頑張ります。コメントありがとうございました☆
近況報告
テンプレを変えてみました。   なにか不具合がございましたら 申しつけ下さい☆ ありがたく存じます。   3/16  拍手にお礼絵を付けてみました。 上手くお礼絵が表示されれば良いのですが… バナーも作ってみました☆
招き猫カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ピクシブ始めました☆
プラネタリウムは時計を付けようと思ってたら綺麗なのを見つけちゃってので張ってたのですがプラネタリウムを広げちゃうと ブラウザーによっては閉じられないらしく…(>_<;) 閉じられなくて困った方は申し訳ありませんでした(>_<)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:lise<藤谷璃生>


ワーネバを中心にそこからの妄想の産物を書き綴ってます。
盛り込まれるネタは他のアニメや漫画などを元ネタに描いてたりします。

当ブログはリンクフリーです。リンク大歓迎です。
こんなブログでも張って頂けるなら狂喜乱舞いたします。
ご報告は任意でお任せいたしますが
報告頂ければかなり嬉しいです。

コメントもお気軽にどうぞ(^_-)-☆
なるべく迅速にお返事いたします・・・!
コメントいただけたらとても嬉しいです(*^。^*)

本人ヘタレなんでコメントなしで
毎日お邪魔して足跡残してたりするかもしれませんが

変態であっても怪しいものではありませんので
よろしくお願いします(*^_^*)


当ブログでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド〜ナルル王国物語〜』の画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。

リンク
ご訪問して下さった方々へ
仕事の勤務時間が不定期なため コメ返しが遅くなることもありますが ご了承ください 4月より… 投票始めました。 宜しければ投票してくださいませませ☆ リストに上がってる キャラ紹介はこちら
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック